古銭買取ナビ 古銭買取ナビ

記念硬貨の古銭としての買取価値は

古銭買取としての記念硬貨の存在は


記念硬貨は、昭和39年アジアで初めて開催された東京オリンピック記念貨幣がきっかけとなり、記念貨幣のコレクターブームとなった経緯があります。
その後も各種記念硬貨が発行されました。
天皇陛下ご在位記念硬貨、オリンピック開催記念硬貨、国際万博開催記念硬貨、ワールドカップ開催記念硬貨、地方自治記念硬貨など、さまざまな種類の記念硬貨が発行され、その都度話題となりました。

中には現在もプレミアムが付き、額面の数倍といったものもあります。
例えば長野五輪開催に合わせて発行された1万円記念金貨(ジャンプ・フィギュアスケート・スピードスケートの3種類)、
平成17年愛知で開催された国際博覧会記念1万円金貨、2002年日韓W杯共催記念1万円金貨などは50,000円前後の買取価格となっています。
明治4年から明治政府により発行された古銭である二十圓金貨も希少価値があり、13万円前後で買取されています。

このような硬貨は全て金貨となっており、金そのものの価値による高価買取がなされていますが、実際に記念硬貨の価値はそれほどでもないのが現状です。
それはある程度発行枚数があるのと、市場にそのような記念硬貨が大量に出回っていることで需要に対して供給が多くなっていることが挙げられます。
記念硬貨は自分の人生の節目とシンクロしたような年のものとして記念に保管しておくのもよいかもしれません。