古銭買取ナビ 古銭買取ナビ

希少性のあるエラーコインなどの古銭は

エラーコインの古銭買取は高価!


硬貨、コインなどは、機械が印刷したり鋳造するのですが、作るのは人間です。
どうしても設計通りにいかないものが発生してくるようです。
いわゆる歩留まりの問題です。
お金などはそのようなことがあってはいけないので、印刷した後などのチェックは厳重に行っているはずです。
それでも何らかの原因で途中で不具合が起こってしまうのが硬貨の古銭です。

最も有名なのが穴あき50円玉です。この50円玉の中心の穴の位置がずれているものです。
これは穴ずれエラーといわれ5円玉と50円玉がその対象です。
50円玉は昭和54・55・57・60・61・62年のものは希少価値があるといわれています。
5円玉はそのエラーの精度が低くなった昭和40年以降のものは特に希少価値が高いようです。逆に穴がない穴なしエラーの硬貨もあります。
昭和50年発行の50円玉は大量に発見されていますが、それ以外の年の穴なしエラーの5円・50円硬貨は貴重なものでしょう。

そして表と裏の模様の角度がずれている角度ずれエラーのコインもあります。
さらに模様そのものがコインの円形からはみ出している刻印ずれエラーのコインもあります。
そして影うちエラーと呼ばれる一度刻印したコインが何らかの理由で再び刻印されているものがあります。
最後はコインの反対側の模様がうっすらと見える裏移りエラーと呼ばれるコインです。
他にもエラーコインはありますが、これらのエラーコインは見つけたら高価買取が期待されるので、超ラッキーですね。